読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモンBW2 ゲノセクトの技構成を考えてみる

ちょっと久しぶりの更新。

もう9月みたいだね。ちょっと早すぎない?

夏休みがあった学生のころよりか夏が短く感じる…。

なんででしょうねこれ。夏の楽しみが減っちゃったからかな。







それでは本題にいきます。

タイトルにも書いてありますが、現在幻のポケモンゲノセクト」が

BW2限定で配信中です。

なんでBWで受け取れないのかはわかりません。

プラチナのひみつのかぎと違ってデータ的にも

問題ないはずなのに…。まあブラック2も買ったからいっか。

何回も最初からにして何回もゲノセクトもらっちゃうもんね!








ところでこのゲノセクト、能力は攻撃、特攻、素早さが高くて

ほかはあまり高くないみたいなので、それを踏まえて、

技構成を考えてみたいと思います。

対戦詳しい人には笑われるかもしれませんが、

どうか温かい目でみてやってください。

あ、ちなみに特性は「ダウンロード」です。

相手が防御>特防なら特攻が、

特防>防御なら攻撃が上がるという

非常に合理的な特性なんですね。

防御=特防の場合は知りません。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

性格 せっかち   もちもの こだわりスカーフ

技 とんぼがえり だいばくはつ

  かえんほうしゃ あくのはどう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一応解説もしておきます。

まず性格ですね。ゲノセクトはあまり耐久力はないようなので

少しでも素早さをあげられるようにせっかちにしました。

物理技と特殊技両方使うので攻撃、あるいは特攻の下がる性格は省き、

なおかつ弱点のほのお技は大半が特殊技だと思うので

消去法で行くとせっかちが残りました。




次にもちもの。理由は至って単純です。

技と特性に相性がいいんですね。

とんぼがえりは使ってすぐ交代するから

技が固定されるデメリットは少ないし(最初に使わないといけないけど)、

だいばくはつは使うとひんしになるのでデメリット少なめです。でもやっぱ最初にry

あくのはどうは2割の確率で相手をひるませることができます。

ひるませるためには先手を取る必要があって、そのために

こだわりスカーフが役に立つわけですね。




最後は技です。上二つは特性の相性がいいから

選んでみました。攻撃が上がっても無駄になりません!

あくのはどうはだいばくはつがきかないゴーストポケモン

よく効きます。それに加えて上記のもちもの解説の理由も含まれます。

最後にかえんほうしゃですね。これはまあぶっちゃけただ

はがねタイプによく効く技がほしかったってだけですね。

あくのはどうはれいとうビームにしようかどうか迷いましたが、

こおり技で弱点を付けるくさタイプやドラゴンタイプは

だいばくはつが効くポケモンが多いので前者にしました。

ナットレイにはかえんほうしゃがあるしねえ。





結構長くなりましたがいかがでしょうか。

これはあくまで一例なのでゲノセクトはほかにも

いろんな戦い方ができると思います。