読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルビーサファイアの思い出5 「せいかく」と「とくせい」

今日は「せいかく」と「とくせい」のことです。

 

まずはせいかくから。

RS以降ポケモン一匹ごとに設定されていますが、

当時ゲームをプレイしていても意味がよくわかりませんでした。

 

攻略本とか見ないとせいかくがどんな役割を果たしてるかってこと

わからないんだよね。結果、すごく重要なことでした。

少なくとも私はゲームだけでは全く気付かず。

むしろゲームだけで気づいた人っているの…?

 

ポケモンの性格はなかなか面白く設定されてます。

みなさんが対戦などで使うポケモンのせいかくをチェックしてみてください。

多分、「がんばりや」や「まじめ」なポケモンはほとんどいないんじゃないかな。

 

頑張り屋や真面目だとどれも平均的で、長所もなければ短所もない、と。

臆病や生意気みたいなひねくれものだと両方ある。

そして日の目を浴びるのは後者。なんともいえないねこれ。

 

 

次はとくせい。

ご存知の通り、ポケモンごとに備わった力…なんだけど、

当時はとくせいってあってもなくてもほとんど変わらなかった気がする。

なんていうか、受け身的なのが多かったんだよね。

「○○を防ぐ」とか、「△△状態にならない」だとか。

 

当時ははっきり言って「なんか地味だなあ」とか思ってたんです。

正直あんまり意識してなかったというか…

 

 

しかし最近ではそんな印象も跡形もなくなりました。っていうか、

最近の新しい特性って、強すぎない…?

 

RS時代にも強い特性はすでに結構あったけど、

XYのは特にそう感じてしまいます。

 

例を挙げるとしたらやっぱり「はやてのつばさ」と「おやこあい」かな。

使わせてもらってるけど。