読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルビーサファイアの思い出6 初めてのバトル用ポケモン

思い出記事も今回で6回目となりました!

それでもまだまだ書き足りないくらい思い出がたくさんあります。

 

 

 

今日はタイトル通り、「バトル用のポケモン」!

 

みなさんは冒険を共にしたポケモンとは別に、

バトルで使うポケモンを新たに育てたりすることってありませんか?

 

バトルタワーに挑戦する際に、きっちり育てないと厳しいということで、

新たに育成を開始しようとしていたわけでありました。

そこで問題になるのが、「どんなポケモンを育てるか?」ということです。

 

当時私はあまり知識がなく、攻略本等を真似ることが精一杯でした。

とある本にてオススメされていたポケモンはケッキング。

なまけをはかいこうせんで補えるとかなんとか書いてあった気がします。

 

とりあえずその攻略本通りにしようと、トウカのもりでナマケロ

捕まえに行ったんですね。そしたら一匹目でいきなり性格いじっぱりを

引き当てて、即決でその子を育てることにしました。

 

タマゴ作ればいいじゃんって思うかもだけど、当時はタマゴの便利なシステム

(かわらずのいしでせいかくを受け継ぐ)はまだ実装されていなかったんです。

タマゴ自体はあったけど。だから、使いたい性格を出すだけでも一苦労でした。

 

ポケモンの育て方はほとんど兄から教わりました。

大まかな隠しステータスのこととかもね。

ネットでよく飛び交っている用語とかも。

 

でも私は〇〇値等の非公式用語があまり好きではないんです。

このブログでもこれらの用語を使用したことは滅多にありません(たぶん)。

なんとなく敬遠しちゃうというか、できればこれからも使わない方向でいきたいです

いつまでも昔みたいにプレイしたいっていう気持ちがあるのかもしれない

 

まあそれはさておき、ケッキングまで育てて実際にはかいこうせん

使わせてみると本に書いてあったことがようやく理解できました。

なまけのターンとはかいこうせんの反動のターンが重なるんです。

 

他にもフ―ディンとアブソルを育てました。

この3匹でバトルタワーに挑戦して、50連勝を達成した時はそれはもう

大喜びしておりました。100連勝は無理だったけど、

これ以降ケッキングが好きになりました。

 

今回はこの辺で。

次回はコンテストの話にしようと考えてます。